このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

(ご注意)サクラなどを枯らす外来カミキリムシが増えています

更新日:2020年8月5日

サクラやモモ、ウメなどの樹木に幼虫が寄生し、幹や枝の内部を食い荒らす、外来カミキリムシ「クビアカツヤカミキリ」による被害は、埼玉県内で拡大傾向にあり、越谷市内でも平成29年(2017年)以降、谷古田河畔緑道、瓦曽根堰など、成虫の発見箇所が増えています。成虫や被害樹木を見かけましたら、環境政策課までご連絡をお願いします。(成虫を見つけた場合は、踏むなどして、直ちに捕殺してください。

クビアカツヤカミキリ調査地点マップ
令和元年度クビアカツヤカミキリ調査地点マップ

外来種「クビアカツヤカミキリ」とは

・成虫の大きさは2.5〜4cm
・全体に黒く、光沢があるが、胸(頭の下)の部分は明るい赤色
・幼虫期間は2〜3年で、春から初夏の間に盛んに摂食する
・成虫は6〜8月上旬に樹木の外に現れ、交尾・産卵する
・オス成虫の触覚は体長より長く、メス成虫の触覚は体長より短い

寄生する樹木

サクラ・ウメ・モモ・プラムなどのバラ科の樹木、カキ、ザクロ、オリーブ、ヤナギ、コナラなど

寄生された樹木の状況

寄生された樹木には、直径4ミリ位の穴が開いており、根元には「フラス」と呼ばれる木くずとフンの混ざったものがたまります

寄生された樹木の写真

成虫やフラスが出ている樹木を見つけたら

・成虫やフラスが出ている樹木を見つけたら、市役所環境政策課までご連絡ください。(成虫を見つけた場合は、踏むなどして、直ちに捕殺してください。)寄生された樹木を確認する必要があるため、現地での立ち合いや、写真データの送付、目印の設置などをお願いする場合がありますので、ご協力をお願いします。
・ご自身の敷地内でフラスが出ている樹木を見つけた場合は、「クビアカツヤカミキリ被害防止の手引」(下部にPDFで掲載しています)に記載の対処法などにより、ご自身もしくは専門業者に依頼し、駆除をお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 環境政策課(第三庁舎4階)
電話:048-963-9183 ファクス:048-963-9175

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る