このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

在外選挙制度について(海外在住者の投票)

更新日:2018年6月6日

仕事や留学などで海外に住んでいる人が、外国にいながら日本の国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といいます。
投票できる選挙は衆議院議員及び参議院議員の選挙です。
在外投票を行うためには、あらかじめ在外選挙人名簿への登録の申請を行い、在外選挙人証の交付を受ける必要があります。

在外選挙人名簿の登録の方法について

在外選挙人名簿の登録の方法は、国外に出国する前に市町村窓口で申請する方法(平成30年6月1日より)と、国外に出国した後に在外公館等で申請する方法の2種類があります。

1.国外に出国する前に市町村窓口で申請する方法

最終住所地の市区町村の選挙管理委員会に対して行います。申請を行うことができる期間は、国外転出届を提出したときから当該国外転出届に記載された転出予定日までの期間であり、最終住所地の市区町村の選挙人名簿に登録されている必要があります。
詳しくは下記リンクをご参照ください。

2.国外に出国した後に在外公館で申請する方法

在外選挙人名簿登録のながれ

登録資格について

(1)満18歳以上の日本国民であること
(2)海外に3か月以上継続居住していること
(住所を管轄している在外公館の管轄区域内に引き続き3か月以上お住まいの人)

※なお、申請時において3か月以上住所を有している必要はありません。在留届の提出と同時に申請書を提出することができます。(この場合、領事官が3か月以上住所を有したことを確認した後、登録手続を進めることになります。)

※居住国への帰化等により日本国籍を失った人や、公民権を停止されている人は対象になりません。

転出届出

海外に転出し在外選挙人名簿への登録を希望される人は、住民登録地市区町村役場で海外転出届出を行ってください。転出届を行わないと国内の選挙人名簿に登録されたままとなるため、在外選挙人名簿への登録が行えません。

在外公館での手続き

在外選挙人名簿登録申請の申請先は居住地の管轄の在外公館(大使館や総領事館)となります。申請者本人または申請者の同居家族等が領事窓口に行って申請してください。
その際、在外公館の選挙管轄区域内に居住していることを確認できる書類が必要となります。
同居家族等を通じて登録申請する場合は、これらに加え申請者が同居家族等へ委任したこと示す申出書、同居家族等の旅券が必要です。

在外選挙人証の交付

後日、在外選挙人証を在外公館(大使館や総領事館)を通じて交付します。
在外選挙人証は、在外選挙をする際に必要になりますので大切に保管しておいてください。

※一時帰国の際などに日本国内の市区町村に転入届出をすると、その後再度海外に戻った場合でも在外選挙人名簿登録は4ヵ月後に抹消されますのでご注意ください。

投票の方法

越谷市の在外選挙人名簿に登録している人は、選挙時に次の3つの投票方法のいずれかで投票することができます。

在外公館投票

日本国外の在外公館の設置した投票記載場所で投票する方式です。
自分の居住地を管轄する在外公館のみでなく、世界中のどの在外公館の投票記載場所でも投票できます。
ただし、投票記載場所を設置しない在外公館もありますので、投票を予定している在外公館にあらかじめ確認しておいてください。
投票期間は原則として公示日の翌日から選挙期日の6日前までとなりますが、投票記載場所により異なる場合がありますのでご注意ください。
【必要なもの】
・在外選挙人証
・パスポート(パスポートのない人はそれに代わる証明書類) 

郵便投票

郵便により直接、選挙管理委員会に投票用紙等を請求し投票する方法です。
選挙管理委員会に、在外選挙人証を同封の上、郵便により投票用紙を請求してください。投票用紙等を海外の住所(登録申請時に住所以外を指定した場合にはその送付先)に郵送しますので、指定された期間に投票し、選挙管理委員会に郵便により返送してください。
投票用紙等のやり取りに時間を要しますので、希望される場合にはある程度余裕をもって請求、投函をしてください。
※在外選挙人名簿登録時の住所に郵送しましますので、転居や送付希望先が変更になった場合にはその都度、すみやかに在外公館にて変更手続きをしてください。

帰国投票

選挙の時に一時帰国した場合や帰国後国内の市区町村の選挙人名簿に登録させていない場合は在外選挙人名簿登録をしている市区町村で投票することができます。

1.選挙当日の投票
選挙当日に投票する場合には、選挙管理委員会の指定した投票所(越谷市では越谷市役所)において、在外選挙人証を提示して投票してください。
投票時間は午前7時から午後8時までです。

2.期日前投票
選挙期日に仕事や用務があるなどの理由で投票が出来ない場合には期日前投票ができます。
選挙管理委員会が指定した期日前投票所(越谷では越谷市役所)において、在外選挙人証を提示して投票してください。
期間は公示日の翌日から投票日の前日までで、投票時間は午前8時30分から午後8時までです。

3.不在者投票
選挙の時に一時帰国した場合や帰国後国内の市区町村の選挙人名簿に登録されていない場合で、在外選挙人名簿登録地と別の市区町村に滞在(居住)している場合には、不在者投票により最寄の市区町村選挙管理委員会において投票ができます。
「在外選挙人による不在者投票宣誓書兼請求書」に必要事項を記載し、在外選挙人証を同封して在外選挙人名簿登録地の市区町村選挙管理委員会あてに郵便により投票用紙等を請求してください。
投票用紙等を滞在地(居住地)の住所に郵送しますので、最寄の市区町村選挙管理委員会において投票してください。
投票期間は公示日の翌日から選挙期日の前日までで、投票時間は午前8時30分から午後8時までです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

選挙管理委員会

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る