このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

現在地

更新日:2017年10月26日

ページ番号は10078です。

越谷駅東口第一種市街地再開発事業

1.再開発事業の現状及び目的

本地区は、東京都心から北へ25kmにあり、埼玉県の東南部に位置しております。東武伊勢崎線の越谷駅東口の駅前ではありますが、老朽化した店舗や住宅が混在し、未利用地も少なくない状況にあり、本事業による整備が望まれています。
また、第3次総合振興計画の中で本市の顔となる中心核と位置づけられているとともに、中心市街地活性化基本計画の中で周辺商業の活性化の起爆剤としての役割が期待されているところです。
本事業は組合施行の再開発であり、平成19年10月、「越谷駅東口市街地再開発組合」の設立認可を経て、平成21年2月に権利変換計画の認可がされました。
その後、平成22年3月に施設建築物等の工事に着手、平成24年8月に竣工し、同年9月にグランドオープンを迎えました。

2.経緯

平成2年2月 越谷駅東口再開発推進協議会設立
平成3年5月 越谷駅東口地区市街地再開発準備組合設立
平成9年11月 都市計画決定
平成18年3月 都市計画変更
平成19年10月 越谷駅東口市街地再開発組合設立認可
平成20年12月 定款及び事業計画の変更認可
平成21年2月 権利変換計画認可
平成22年3月 施設建築物工事着工
平成24年8月 施設建築物工事竣工
平成24年9月 越谷駅東口第一種市街地再開発事業竣工式開催、グランドオープン
平成25年3月 越谷駅東口市街地再開発組合解散認可

3.計画内容

施設建築物の計画概要
街区 A街区 B街区 B街区
A棟 B-1棟 B-2棟
建築敷地面積 約7,400㎡ 約5,500㎡ B-1棟に含む
建築面積 約5,600㎡ 約4,400㎡ B-1棟に含む
建築延面積 約56,000㎡ 約19,500㎡ B-1棟に含む
建ぺい率 約80% 約80% B-1棟に含む
容積率 約600% 約280% B-1棟に含む
構造 鉄筋コンクリート造,鉄骨造 鉄骨造 鉄骨造
階数 地下1階地上29階塔屋2階建て 地下1階地上5階建て 地上5階建て
主要用途 商業、住宅(397戸) 商業 駐車場

施行者:越谷駅東口市街地再開発組合

所在地:埼玉県越谷市弥生町の一部

地区面積:約2.6ヘクタール

整備内容:(公共施設)越谷駅東口駅前交通広場、越谷駅前線等
(施設建築物)上の表のとおり

完成写真のイメージ
完成写真

完成写真(上空より)のイメージ
完成写真(上空より)

ダウンロード

再開発ビル「越谷ツインシティの」ホームページへのリンク


↑越谷ツインシティのホームページはこちらから

社会資本総合整備計画の事後評価

計画名称「越谷駅東口における市街地のにぎわい再生」
事後評価書は下記からダウンロードすることができます。

社会資本総合整備計画の事後評価書

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 市街地整備課 管理・換地(本庁舎6階)
電話:048-963-9231
ファックス:048-965-0948

この情報はお役に立ちましたか?
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(注釈2)ブラウザでCoolie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCoolie(クッキー)に対応していない場合はご利用いただけません。

ページ上部へ戻る