このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

よくある質問:評価替え

更新日:2018年3月1日

質問固定資産の評価替えとはどのようなものですか?

お答えします

 固定資産税は、総務大臣の定めた固定資産評価基準に基づき固定資産の価格(適正な時価)を求めて課税されますが、この価格は社会状況等により年々変化するものです。このため、税負担の公平性を保つために評価の見直しを行いますが、毎年これを行うことは実務上困難である等の理由により、3年ごとに見直しを行います。これを「評価替え」といい、平成30年度が評価替えの年にあたります。

 平成30年度の評価替えでは、土地については「公的土地評価について相互の均衡と適正化が図られるよう努める」という土地基本法の趣旨を踏まえ、引き続き地価公示価格の7割程度を目標とした土地評価の均衡化・適正化を図っています。

 また、家屋については前回の評価替えから3年間の建築物価の変動を、評価に反映させることを基本としています。

お問い合わせ

行財政部 資産税課(第三庁舎3階)
電話:048-963-9147 ファクス:048-966-0560

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る