このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

よくある質問:住宅用地の特例2

更新日:2011年4月1日

質問住宅を壊して、さら地にしたところ、土地の税額が上がったのはなぜですか?

お答えします

住宅の敷地となっている土地については、その税負担を特に軽減する趣旨から、課税標準額の特例措置があります。
一般に専用住宅の場合は、200平方(へいほう)メートルまでの土地は、土地の評価額の6分の1、それを超える部分は3分の1となります。(200平方(へいほう)メートルを超える土地については、住宅の床面積の10倍までの制限があります)

 したがって、さら地になったため、住宅用地の特例措置の適用がなくなり、結果として税額が増額になったものです。なお、1月1日現在において、住宅が建設中の土地については、この特例措置は適用になりませんが、既存の家屋を建て替えする場合は一定の要件を満たす場合についてのみ、申告することにより、引き続き特例措置が適用されます。

お問い合わせ

行財政部 資産税課 土地調査担当(第三庁舎3階)
電話:048-963-9148 ファクス:048-966-0560

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る