このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

平成25年度 当初予算の概要

更新日:2013年4月16日

一般会計・特別会計・病院事業会計を合わせて平成25年度予算は総額1564億6800万円

1 一般会計予算の概要

一般会計予算は834億円

 平成25年度予算編成においては、第4次越谷市総合振興計画において、本市の将来像とした「水と緑と太陽に恵まれた 人と地域が支える安全・安心・快適都市」の着実な実現に向けて、掲げられた各施策の推進を図るため、限られた財源の重点的、効果的な配分を行い、安全・安心なまちづくりを念頭に、総合的な保健衛生サービスの整備や子育てしやすい環境づくりを重視した予算編成を行いました。
 平成25年度予算は、一般会計で対前年度比1.7パーセント増の834億円、9つの特別会計と病院事業会計を合わせた全会計の総額は対前年度比0.7パーセント増の1564億6800万円となっています。

歳入 市税は対前年度比0.6%増

 歳入では、全体の52.9パーセントを占める市税は、依然として厳しい経済情勢の影響を受けています。固定資産税で0.9パーセントの増収が見込まれますが、個人市民税で給与収入の伸びがみられないことから減収が見込まれ、市税全体では前年度比0.6%増とわずかな増収にとどまり、440億8000万円となっています。また、地方交付税を32億円とし、市債は、出羽地区センター・公民館整備事業、(仮称)越谷市保健所整備事業、(仮称)第4老人福祉センター整備事業に係る借入れが主なもので、臨時財政対策債45億円を含め、対前年度比12.2パーセント増の77億9310万円となっています。

歳入予算額の内訳
  予算額 構成比 対前年度増減率

市税

440億8000万円 52.9% 0.6%
国庫支出金 118億2252万円 14.2% 4.0%
市債

77億9310万円

9.3% 12.2%
県支出金 46億8534万円 5.6% 7.1%
地方交付税 32億円 3.8% ▲13.5%
諸収入 25億8650万円 3.1% ▲5.4%
地方消費税交付金 25億円 3.0% 0.0%
分担金及び負担金 11億7731万円 1.4% ▲1.0%

その他
繰越金、使用料及び手数料、
地方譲与税など

55億5523万円 6.7%

3.5%

歳入合計

834億円

100.0% 1.7%

歳出 扶助費は構成比23.5%に

 歳出では、景気低迷などの影響を受け生活保護費が増加しているほか、生活介護給付費の増などにより福祉サービスの提供に係る扶助費が対前年度比3.0パーセント増の196億575万円、構成比で23.5パーセントと最も大きな割合を占めています。

歳出予算の性質別内訳
  予算額 構成比 対前年度増減率
扶助費 196億575万円 23.5%

3.0%

人件費 173億8637万円 20.8% 1.7%
物件費 136億1022万円 16.3% 3.8%
繰出金

86億1180万円

10.3% 1.3%
公債費

82億4147万円

9.9% ▲2.8%
普通建設事業費

77億9775万円

9.4% 4.8%

その他
補助費等、貸付金、維持補修費など

81億4664万円 9.8% ▲2.3%
歳出合計 834億円 100.0% 1.7%
歳出予算の目的別内訳
  予算額 構成比 対前年度増減率
民生費 341億2632万円 40.9% 2.9%
土木費 103億7292万円 12.4% ▲3.6%
総務費 86億3427万円 10.4% 9.2%
教育費 82億9000万円 9.9% ▲0.2%
公債費 82億4147万円 9.9% ▲2.8%
衛生費 78億9876万円 9.5% 1.4%
消防費 33億7486万円 4.0% 3.8%

その他
商工費、農林水産業費、議会費など

24億6140万円 3.0% 5.8%
歳出合計 834億円 100.0% 1.7%

なお、市民1人当たりに換算した予算額と市税負担額は次のとおりです。(平成25年3月1日現在総人口330,287人)

市民1人当たりの予算額は、25万2508万円
  市民1人当たりの予算額
福祉サービスに 5万9360円
職員の給与や議員報酬などに 5万2640円
市の借入金の返済に 2万4952円
学校、道路、公園等の建設などに 2万3609円
委託料や光熱水費などの管理費に 4万1207円
その他(負担金や補修費用などに) 5万740円
市民1人当たりの市税負担額は、13万3460万円
  市民1人当たりの市税負担額
市民税 6万3866円
固定資産税 5万2621円
軽自動車税 715円
市たばこ税 7418円
事業所税 2010円
都市計画税 6830円

2 平成25年度の主な重点戦略事業

重点戦略1 地域の担い手育成プロジェクト

主な施策の事業費
事業名 事業費
自治基本条例推進会議運営事業 133万円
自治会振興事業(自治会振興交付金) 7890万円
出羽地区センター・公民館整備事業 6億1932万円
コミュニティ推進事業(地区まちづくり助成金) 4300万円
助け合いの仕組みづくり事業 1780万円
自主防災組織育成事業 1200万円

重点戦略2 エコまちプロジェクト

主な施策の事業費
事業名 事業費
公共交通事業 2039万円
地球温暖化対策推進事業 252万円
再生可能エネルギー推進事業 2400万円
資源物分別収集事業 2億613万円
環境教育推進事業 560万円

重点戦略3 暮らし安心プロジェクト

主な施策の事業費
事業名 事業費
救急医療対策事業 1240万円
保健所整備事業 4億9537万円
荻島保育所整備事業 3億6970万円
学童保育室建設事業 6000万円
障壁改善事業 2000万円
災害予防対策事業 3445万円
防犯対策事業 659万円
消防署所整備事業(谷中分署) 2980万円

重点戦略4 魅力・活力向上プロジェクト

主な施策の事業費
事業名 事業費
中核市移行事業 52万円
大袋駅舎建設事業 8億6500万円
創業者等育成支援事業 1340万円
中心市街地活性化推進事業 1568万円
空き店舗対策事業 1350万円
地産地消推進事業 400万円
農地利用集積事業 564万円

3 平成25年度の主な新規事業

行財政運営
事業名 事業費 内容
(仮称)第三庁舎建設事業 3億2075万円 庁舎の狭あいの解消や中核市への移行に伴う事務スペースの確保のため、(仮称)第三庁舎の建設工事等を行います。
越谷市本庁舎整備審議会運営費 724万円 市本庁舎の耐震化のため、越谷市本庁舎整備審議会を設置し、本庁舎の整備について必要な事項を調査し、審議します。
公共施設マネジメント白書作成事業 700万円 市が保有する公共施設の実態の調査および今後の新設や改修に関する基本的な方向性を示すため、公共施設マネジメント白書を作成します。
保健、医療
事業名 事業費 内容

保健所整備事業

4億9537万円 中核市への移行に向けて、(仮称)越谷市保健所の建設工事等を行います。
保健所併設夜間急患診療所整備事業 8110万円 (仮称)越谷市保健所に夜間急患診療所を併設するための建設工事を行います。
第2次越谷市健康づくり行動計画策定事業 250万円 市民の健康づくりを推進するため、健康づくり行動計画「いきいき越谷21」の第2次計画を策定します。
未熟児養育事業 2614万円 未熟児のすこやかな成長を支援するため、養育医療給付や訪問指導等を行います。
子育て
事業名 事業費 内容
プレーパーク運営事業 30万円 通常の公園ではできない穴掘りや泥んこ遊びなどのできる常設のプレーパークの開設に向け、イベント開催等を通し広く市民に周知します。
難聴児補聴器購入費助成事業 30万円 身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中程度の難聴児の補聴器購入費用の一部を助成します。
育成医療給付事業 2500万円 身体上の障がいがある児童等に対し、治療の効果が期待できるものを対象に、育成医療の給付を行います。
福祉、社会保障
事業名 事業費 内容
地域福祉計画推進事業 150万円 地域のつながりや地域で活動する団体等の連携強化を図る「地域福祉ネットワーク推進モデル事業」を実施します。
都市整備
事業名 事業費 内容
通学路安全対策事業 800万円 児童・生徒の安全確保を図るため、通学路における危険箇所の改善を行います。
平方公園整備事業 1500万円 市民に安らぎと潤いを与える総合公園の整備計画を進めます。
防災、防犯
事業名 事業費 内容
帰宅困難者対策事業 50万円

新越谷駅・南越谷駅周辺帰宅困難者対策協議会において大規模災害発生時における帰宅困難者対策を検討し、駅利用者に対する啓発等を行います。

消防・救急デジタル無線整備事業 2億8450万円 効率的な消防救急活動を行うため、アナログ方式の消防・救急無線をデジタル方式へ移行し、通信の高度化を図ります。
産業
事業名 事業費 内容
中心市街地交通解析調査事業 1300万円 越谷駅周辺の中心市街地の活性化に向けて、同地域における交通実態を把握し、道路整備の方策を検討します。
農園温室整備事業 2億5000万円 都市農業の推進を図るため、収益性が高く、観光資源として期待されるいちご観光農園の整備を行います。
越谷市特別認定農業者補助事業 700万円 優良農地の保全を図るため、大規模に農地を耕作する認定農業者等に対し、農業用機械等の整備を支援します。
教育
事業名 事業費 内容
ネットパトロール業務委託事業 150万円 インターネット上のいじめ等の早期発見・対応・解決のため、中学校にネットパトロールを導入します。
小学校仮設教室借上事業 372万円 児童数増加等による明正小学校の教室不足に対応するため、仮設教室を借り上げ、必要な学習空間を確保します。

4 特別会計予算と病院事業会計予算

 特別会計は、特定の歳入歳出を、一般の歳入歳出と区別して経理するための会計です。9つの特別会計の総額は、615億400万円で、前年度に比べ1.0パーセントの減となっていますが、これは公共下水道特別会計や西大袋土地区画整理特別会計で工事費が減少したことなどによるものです。

 国民健康保険特別会計は、療養給付費など保険給付費の増加などにより、対前年度比2.3パーセント増の341億3000万円、後期高齢者医療特別会計は、保険給付を行う埼玉県後期高齢者医療広域連合への納付金などで26億9000万円となっています。
 介護保険特別会計は、要介護者の増加による給付費の伸びなどにより、対前年度比10.9パーセント増の131億5000万円となっています。
 また、快適で安全なまちづくりを進める土地区画整理特別会計は、東越谷、七左第一、西大袋の3会計があり、合計で30億6000万円です。
 このほか、公共下水道特別会計は、対前年度比28.9%減の78億2000万円、公共用地先行取得特別会計は、谷中分署用地購入に係る関連経費や、(仮称)第4老人福祉センター整備に係る用地、(仮称)増林公園用地を一般会計に処分するもので、対前年度比182.9パーセント増の5億9400万円となっています。
 さらに、平成24年度に設置された越谷駅東口駐車場事業を実施するための越谷駅東口駐車場会計において、指定管理者への管理運営委託料などで6000万円の予算となっています。

特別会計予算
特別会計名 歳入歳出予算額 対前年度増減率
国民健康保険特別会計 341億3000万円 2.3%
後期高齢者医療特別会計 26億9000万円 7.6%
介護保険特別会計 131億5000万円 10.9%
東越谷土地区画整理事業費特別会計 4億4000万円 12.8%

七左第一土地区画整理事業費特別会計

2億9000万円 ▲3.3%

西大袋土地区画整理事業費特別会計

23億3000万円 ▲5.3%
公共下水道事業費特別会計 78億2000万円 ▲28.9%
公共用地先行取得事業費特別会計 5億9400万円 182.9%
越谷駅東口駐車場特別会計 6000万円 15.4%
615億400万円 ▲1.0%
病院事業会計予算
企業会計名 歳入歳出予算額 対前年度増減率
病院事業会計 115億6400万円 2.2%

平成25年度当初予算の概要:印刷用

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

行財政部 財政課(第二庁舎3階)
電話:048-963-9115 ファクス:048-965-8028

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る