Bリーグクラブ発足に向けた支援を行います!

更新日:2017年11月29日

バスケットボールチームの大塚商会アルファーズを母体とするBリーグクラブ発足に係る支援を行います!

支援書を交付する高橋市長(左)と大塚商会アルファーズ青野ヘッドコーチ(右)

11月17日、バスケットボールチームの大塚商会アルファーズを母体とするBリーグクラブ発足に係る支援書交付式が行われました。
大塚商会アルファーズは1997年に創部され、現在は一般社団法人ジャパン・バスケットボールリーグが運営する、B3リーグに所属しています。
「2020年のB2リーグ参戦を目標に、越谷市を拠点にBリーグクラブを発足したい」という大塚商会アルファーズからの申出を受け、競技人口の増加はもとより、市の魅力発信、シティプロモーション、さらには地域活性化に寄与することなどからBリーグクラブ発足に向けた支援を行うこととなりました。

今後につきましては、大塚商会アルファーズと連携を図り、「スポーツのまち 越谷」を発信し、スポーツ・レクリエーションのさらなる推進に努めていくとともに、スポーツを通した地域活性化に取り組んでまいります。

支援内容

(1)ホームゲームにおける体育館の使用
「市立総合体育館」において、年間ホームゲーム試合数の概ね6割以上(最大20試合程度)を開催できるよう支援します。

(2)チーム情報や試合情報の告知サポート
市内公共施設におけるホームゲームの試合情報に関するポスターの掲示、チラシの設置など、チーム普及活動を支援します。

外部リンク

越谷アルファーズのチーム情報や試合日程などについてはこちらをご参照ください。

お問い合わせ

総合政策部 政策課企画担当(本庁舎4階)

電話:048-963-9112

ファクス:048-965-6433