このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

越谷市洪水ハザードマップ

更新日:2022年7月11日

平成27年5月に水防法が改正され、洪水ハザードマップの前提となる降雨規模が「想定し得る最大規模(おおむね1000年に一度の確率で起こる大雨)」に変更されました。その後、河川管理者である国及び埼玉県において、洪水浸水想定区域図の見直しが行われました。
越谷市では、洪水時に最も大きな被害が予想される利根川の浸水想定区域図(72時間の総雨量が491mm)を基に洪水ハザードマップの更新を行いました。
なお、更新した洪水ハザードマップは、令和2年8月28日から「宅地建物取引業法施行規則の一部改正」に伴い、不動産取引時において説明が必須となったマップになりますので、ご活用ください。また、その他河川については洪水浸水想定区域図をご参照ください。
※情報面等を含めた総合防災ガイドブックにつきましては、こちらをご参照ください。

越谷市洪水ハザードマップ(2021年4月版)

市内を7分割にした洪水ハザードマップを掲載しています。

7分割図

※洪水ハザードマップを補完するものとして「まるごとまちごとハザードマップ」があります。「まるごとまちごとハザードマップ」では、生活する地域の水害の危険性を実感できるよう居住地域をまるごとハザードマップと見立て、生活空間であるまちなかに、洪水時の浸水深や避難誘導の看板を設置しています。詳細についてはこちらをご参照ください。

利根川で氾濫が起こった場合のCG動画

利根川で氾濫が起こった場合に予測される浸水状況について、浸水シミュレーションに基づき作成したCG動画を越谷市公式チャンネル(YouTube)にて紹介しております。越谷コミュニティセンター付近(越谷市南越谷1丁目)を紹介していますので参考にしてください。
※国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所にて作成しています。

洪水浸水想定区域図(想定最大規模)

国及び埼玉県管理河川の洪水浸水想定区域図はこちらです。
※洪水浸水想定区域図は、令和2年8月28日から「宅地建物取引業法施行規則の一部改正」に伴い、不動産取引時において説明が必須となったマップではありません。

埼玉県管理河川について

越谷市は、埼玉県管理河川による被害も想定されていますが、埼玉県管理河川の想定浸水区域は上記のハザードマップの洪水浸水想定区域図に含まれています。
そのため、埼玉県管理河川でのハザードマップの個別作成はしていません。
埼玉県管理河川の想定浸水区域は、下記リンクからご確認ください(埼玉県ホームページにリンクします)。
埼玉県中川流域水害リスク情報図(想定最大規模)

国土交通省ハザードマップポータルサイト

各市町村の各種ハザードマップに関する情報を知りたい方は、下記バーナーの国土交通省ハザードマップポータルサイトを閲覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設部 河川課 (本庁舎5階)
電話:048-963-9203 ファクス:048-963-9198

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る