このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

現在地

更新日:2014年4月1日

ページ番号は7124です。

(平成25年3月14日)その他の公共施設の空間放射線量測定結果について

 市では、平成23年度に平成23年11月から平成24年2月まで、市内の公共施設等348施設の雨樋の下、遊具の下、排水溝などの詳細な放射線量の測定を実施しました。
 平成24年度も継続的に放射線量を測定するため、市内の公共施設等のうち、小・中学校、幼稚園、保育所、都市公園、教育施設などの子どもが利用する施設を年3回、その他の公共施設を年2回、児童遊園などを年1回測定しています。

 この度、その他の公共施設の2回目の測定が終わりましたので、結果をお知らせします。

測定結果

対応方針

 測定結果が地上から1メートル又は50センチメートルの位置で0.23マイクロシーベルトパーアワー以上、地上5センチメートルの位置で1マイクロシーベルトパーアワー以上のいずれかの数値を計測した場合は、再測定を行い、上限値以上の測定地点については、周辺の詳細な調査を行うとともに、立ち入り制限を行い、放射線量の低減策を講じます。

市内公共施設等空間放射線量の測定方法

 雨樋や排水桝等を中心に、施設の規模に応じ測定場所を定め、地上5センチメートル、50センチメートル、1メートルの高さの空間放射線量を測定しました。

使用機器

機器名 N a I シンチレーションサーベイメータ TCS172 B
メーカー 日立アロカメディカル株式会社
測定放射線 ガンマ線(50キロ電子ボルトから3メガ電子ボルト)


放射線測定機器

測定方法

  • 測定機器の時定数は10秒とし、測定開始から約30秒間隔ごとに3回の数値を読み取る。
  • 測定値は3回の読み取り数値の平均とし、小数点以下2桁まで求める。

測定者

越谷市職員

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 環境政策課(第三庁舎4階)
電話:048-963-9186
ファックス:048-963-9175

この情報はお役に立ちましたか?
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(注釈2)ブラウザでCoolie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCoolie(クッキー)に対応していない場合はご利用いただけません。

平成24年度の測定結果

ページ上部へ戻る