このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

伝統や文化を現代に伝える

更新日:2017年10月25日

 江戸時代に整備された、東京・日本橋と栃木・日光をつなぐ日光街道。越谷は日光街道第3の宿場町「越ヶ谷宿」として発展し、往来する人びとでにぎわいました。現在でも、かつて宿場町だった一帯には蔵や古民家が現存し、当時のまちの様子を窺い知ることができます。中でも、明治期の越ヶ谷宿の様子を今に伝える「木下半助商店」は、越谷市で初めて国登録有形文化財に指定されました。
 江戸幕府の初代将軍徳川家康も、越谷の地をしばしば訪れては鷹狩り(鷹を使った狩猟のひとつ)を楽しみ、越谷に建てた御殿に宿泊していたと言われています。

宿場町として栄えた越谷には、だるまやひな人形、手焼きせんべい、桐箱などさまざまな手工芸品が生まれました。これらは伝統工芸として今に受け継がれ、越谷の名産品として親しまれているほか、その技術を生かして新たな作品が生み出されています。

ほかのページも見てみよう!

お問い合わせ

市長公室 広報広聴課(本庁舎2階)
電話:048-963-9117 ファクス:048-965-0943

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る