このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

ページ番号は58605です。

タレント 坂巻瑠果さん

いろいろな役を自在に演じられる女優になることが目標です

昨年12月に発行した『広報こしがや季刊版・冬号』の表紙に登場し、越谷の歴史ある場所やグルメスポットを紹介してくれた越谷っ子の坂巻瑠果さんは、一昨年から芸能活動をはじめたばかり。この春から大学生になるのを機に、モデルや女優の活動も本格化していく期待のニューフェイスです。

プロフィール

平成15年1月24日、越谷市生まれ。この春高校を卒業し、大学入学を控える18歳。父親の影響で小学生の頃から野球に親しみ、越谷市内中学校ではソフトボール部に所属。
エースピッチャーとして越谷市の大会で優勝し、埼玉県大会に出場経験を持つ。高校2年生のときにスカウトされ、芸能活動をスタート。現在は呉服専門店・鈴乃屋の「振袖モデル2022」として活動中で、これからの活躍が期待される。

お父さん譲りのスポーツ少女

スラリと背が高くて細身、おしとやかな雰囲気が漂う坂巻さんですが、中学から高校にかけての4年間、ソフトボール部のピッチャーとして活躍したスポーツ少女。
「父が学生時代からずっと野球をやっていて、ピッチャーなんです。その影響で私も小学校時代から女子の野球チームに入っていました。その当時はピッチャーではなかったんですが、中学に入学してソフトボール部に入部したとき、自分からピッチャーをやりたいと志願しました。私はマウンドに立って大声を出してチームをまとめるようなことは苦手でしたが、バッターには強気で勝負するタイプで、三振を取るのはすごく気持ち良かったです!」と坂巻さん。
中学2年生のとき、エースピッチャーとして越谷市の大会で優勝し、埼玉県大会にも出場。
「3年生の先輩がいる中でエースを任せてもらって、先輩と一緒に県大会に出られたことは本当にうれしかったですね。ソフトボールをやってきた中でそれが一番の思い出です」

くじけない自分になるために芸能界へ

ソフトボールに情熱を燃やしていた中学生の頃から、東京に遊びに行ったときや地元のレイクタウンでもスカウトされることがたびたびあったという坂巻さん。
「その頃は全く芸能界に興味がなかったので、お断りしていました。でも高校1年の終わりに私って弱いな、もっと強くならなきゃ…と思う出来事があって。そんなときに今所属している事務所からスカウトされて、今までの自分を変えるきっかけとして、新しい世界にチャレンジしてみようと決めました」
芸能活動を始めてまもなく2年。昨年は初めてのCM出演を果たし、現在は呉服専門店・鈴乃屋の振袖モデルとして活動中。
「振袖を着た撮影がモデルとしての初仕事だったのですが、緊張していることもあって、ポーズはそのままで表情だけをいろいろ変えていくというのがとても難しかったです。今まで着物を着る機会はほとんどなかったのですが、このお仕事をして着物が好きになりました。私自身の成人式は再来年ですが、もうすでに祖母が成人式用の着物をプレゼントしてくれていて、今から着るのが楽しみなんです」
一つ一つの仕事に丁寧に向き合うかたわら、演技のレッスンにも力を注いでいると言います。
「何もないところから感情を表す難しさをレッスンするたびに感じています。先日のレッスンで泣く芝居が必要なシーンがあったのですが、涙を出すことができなくて。まだまだ課題は多いですけれど、将来は女優として活動したいと思っています。憧れているのは橋本環奈さん。かわいい女の子から激しいキャラクターまで、本当にいろんな役柄を演じられていて、私もそうなれたらいいなと目標にしている存在です」

地元の皆さんに知ってもらえるように


越谷で生まれ育った坂巻さんが地元で一番お気に入りの場所は、元荒川沿いの土手。
「広々として気持ちいいので時々散歩をするんですが、よく猫と遭遇することがあるんです。とても人なつっこい子ばかりで、なでるとゴロゴロ言ってじゃれて来るので、しばらく猫と遊んでから帰ろうとすると、追いかけて来る時もあって本当に可愛いんですよ」
子どもの頃から大の動物好きという坂巻さんは、4月から大学に進学して、動物と触れ合うことで心身を癒す〈アニマルセラピー〉を学ぶそうです。
「動物との触れ合いが必要な学部なので、キャンパスが越谷からはかなり遠い場所にあるんです。大学での勉強もそうですし、芸能活動にももっと力を入れていきたいので、このタイミングで一人暮らしをして自立したい!と思っているのですが、父も母もなかなか許してくれないんです(笑)」
「昨年私が出演したCMを偶然見た友達が、テレビで見たよ?と連絡してきてくれたのがとてもうれしかったです。今はまだ同級生や家族など身近な方しか私のことを知らないので、地元の皆さんにもっともっと知ってもらえるように、これから頑張っていきたいです」
今後、芸能界や大学でさまざまな知識や経験を増やし、美しく魅力あふれる大人へと成長していくであろう坂巻瑠果さん。越谷出身の新しいスターの誕生を、温かく見守っていきましょう。

インタビュー記事のダウンロード

広報こしがや季刊版 令和3年3月(令和3年春号)に掲載

このページに関するお問い合わせ

市長公室 広報シティプロモーション課(本庁舎4階)
電話:048-963-9117
ファックス:048-965-0943

この情報はお役に立ちましたか?
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用いただけません。

ページ上部へ戻る