このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ


本文ここから

【国保】出産育児一時金とは、その申請方法は?

更新日:2017年12月27日

質問出産育児一時金とは、その申請方法は?

お答えします

国民健康保険加入者が出産した場合、申請により世帯主に40万4千円が支給されます。妊娠85日以降であれば、死産・流産でも支給されます。さらに、産科医療補償制度に加入する医療機関等で出産した場合には、産科医療補償制度掛金相当分が加算され、42万円となります(注1)。

出産育児一時金の受け取りの方法は、以下のいずれかとなります。
1.出産後に、国民健康保険課窓口で40万4千円(もしくは42万円)を申請する。
2.直接支払制度(注2)を利用し、出産後に、国民健康保険課窓口で差額分を申請する(出産費が一時金を下回った場合のみ)。
3.出産前に、国民健康保険課窓口で受取代理制度(注2)の利用申請をする。
詳しい申請方法は、こちらをご覧ください。

(注1)在胎週数22週に達した日以降に出産した場合に対象となります。
産科医療補償制度は、通常の妊娠・分娩にもかかわらず、重度の脳性麻痺となった赤ちゃんと、その家族の経済的負担を補償する制度です。財団法人日本医療機能評価機構の運営により、平成21年1月1日から始まりました。
(注2)直接支払制度、受取代理制度のお手続き方法については、各医療機関にお問い合わせください。

お問い合わせ

保健医療部 国民健康保険課 給付担当(第二庁舎1階)
電話:048-963-9154 ファクス:048-963-9199

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで


ページ上部へ
以下フッターです。

〒343-8501
埼玉県越谷市越ヶ谷四丁目2番1号

電話:048-964-2111(代表) FAX:048-965-6433

開庁時間:開庁日の午前8時30分〜午後5時15分

法人番号:6000020112224

© 2017 Koshigaya City.
フッターここまでこのページのトップに戻る