このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

現在地

更新日:2022年10月28日

ページ番号は59689です。

難病や小児慢性特定疾病のある方をケアしている方が利用できる支援

悩みを相談したい

小児慢性特定疾病の患者及びその家族の支援について

〇小児慢性特定疾病児童等自立支援事業
児童等の慢性疾病のうち国が指定した疾病(小児慢性特定疾病)の指定を受けた患者及び家族に対する相談支援や家族交流会等を行います。

問い合わせ先:感染症保健対策課(048‐973‐7531)

 

難病医療に関する情報について

〇難病医療相談事業
難病患者、家族、関係者等を対象として、難病医療に関する講義や療養生活に関する情報提供等を行う難病医療講演会を実施します。
問い合わせ先:感染症保健対策課(048-973-7531)

難病の患者及びその家族の支援について

〇難病患者相談支援
難病患者・家族等に対して、電話や面接・訪問等を通して、難病患者のQOL向上と負担軽減につなげるため保健師による個別支援を行います。
問い合わせ先:感染症保健対策課(048-973-7531)

ケアラー自身の健康について

〇健康相談
心身の健康に関する個別の相談に応じ、必要な指導及び助言を行います。

その他

越谷市立病院では、患者やその介護者が抱える問題に対し、退院調整看護師やケースワーカーが相談支援を行うほか、相談された方の状況により、薬剤師や事務職員も含めた多職種によるサポートを行っています。入退院支援及び医療福祉相談

介護負担を軽減したい

小児慢性特定疾病に係る医療費の負担軽減について

〇小児慢性特定疾病医療費給付事業
児童等の慢性疾病のうち国が指定した疾病(小児慢性特定疾病)の医療にかかる費用の一部を市が助成し、医療費の負担軽減を図ります。

複雑かつ複合的な課題解決のために

〇重層的支援体制整備事業
高齢福祉や障害福祉、児童福祉、生活困窮などの複雑的・複合的な課題を抱えた市民の相談を包括的に受け止め、継続的な伴走支援を実施することで、課題の解決を目指します。

越谷市社会福祉協議会が行っている事業

〇紙おむつ等配付事業
在宅で常時おむつを使用する方に対して、紙おむつ等を補助することにより、本人・家族の経済的・精神的負担の軽減をはかり、日常生活の自立を助けます。

〇車椅子貸出し事業
車椅子を必要とする方に貸与することにより、日常生活を容易にし、介護の支援につなげます。

〇福祉車両貸出し事業
歩行困難な高齢者、身体障がいの方等に貸出しすることにより、社会参加の促進を支援します。

〇在宅宅支援家事サービス事業「ほほえみサービス」
日常生活に支障のある高齢者世帯、身体障がい者(児)世帯、産前・産後世帯、ひとり親世帯等に家事支援サービスを行います。
 

この情報はお役に立ちましたか?
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用いただけません。

ページ上部へ戻る