このページの本文へ移動

越谷市 Koshigaya City

現在地

更新日:2022年10月1日

ページ番号は8935です。

現場代理人の常駐規定緩和に関する特例措置について

 現場代理人は、工事現場の運営や取締り及び請負契約に係る一切の権限を行使するものであるため、本市建設工事請負契約約款第10条第2項及び修繕請負契約約款第8条第2項において、「現場に常駐」と規定しています。
 そのため、原則として他の現場との兼務はできませんが、本市では、埼玉県の「現場代理人の常駐規定に関する緩和について」を準用し、一部兼務を認めております。
 このほど、さらなる特例措置として、令和4年10月1日から令和5年3月31日までに公告・指名通知・本見積依頼を行う 契約に限り、以下「1 兼務を認める要件」の(1)を緩和し、3件までの兼務を認めることとします。
 また、適用日前に契約を締結した工事との兼務についても同様に適用します

1 兼務を認める要件

 次の(1)〜(3)をいずれも満たし、かつ(4)又は(5)のいずれかを満たす場合に限り、現場代理人の常駐規定を緩和し兼務を認める取扱いをいたします。
(1)工事及び修繕(以下「工事等」という。)の現場での兼務は3件までとする。
(2)いずれの工事等も本市発注案件かつ現場が同一市内であり、重複する期間があること。
(3)いずれの工事等も特記仕様書等に現場代理人の兼務を認めない旨の表記がないこと。
(4)いずれの工事等も当初請負契約金額(税込)が3,500万円未満の工事等であること。ただし、増額の変更契約により、いずれかの工事等の請負契約金額(税込)が3,500万円以上になった場合は、兼務を認めない。
(5)越谷市建設工事における技術者の専任に係る取扱要領第3条の要件に該当すること。

2 手続き方法

(1)現場代理人の兼務を希望する受注者は、落札者決定後に提出をお願いしている「配置予定技術者報告書」と併せて、「現場代理人の常駐規定緩和に関する照会兼回答書」を契約課に提出してください。
(2)兼務に関する認否については、契約書交付時に、その旨を記入した「照会兼回答書」を併せて交付いたします。

3 注意事項

(1)兼務を認める要件に該当しない場合は、現場代理人の常駐規定緩和は認めませんので、ご注意ください。
(2)現場代理人の専任期間や雇用関係等の考え方については、「監理技術者制度運用マニュアル」(令和2 年9 月30 日国不建第130 号)を準用いたします。ただし、現場代理人の雇用関係については、開札日以前に雇用されていることといたします。 
(3)上記「照会兼回答書」の記載内容に虚偽があった場合は、当該兼務の取消しをする場合があります。
(4)兼務を認められた場合は、常時連絡がとれる体制を確保し、本市との連絡に支障を来たさないように特に留意してください。現場代理人を兼務したことにより現場の体制に不備が生じた場合は、当該兼務の取消しをする場合があります。
(5)今回の特例措置は現場代理人に限ります。専任を要する工事を含む、同一の主任技術者が兼務できる工事の数は、2件とします。

照会兼回答書様式(3件用)

照会兼回答書様式(2件用)

このページに関するお問い合わせ

総務部 契約課(第二庁舎4階)
電話:048-963-9131
ファックス:048-966-6008

この情報はお役に立ちましたか?
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(注釈2)ブラウザでCoolie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCoolie(クッキー)に対応していない場合はご利用いただけません。

ページ上部へ戻る