新型コロナウイルス関連

5月30日付け市長メッセージ

 越谷市長の福田でございます。
 本市(ほんし)における新規感染者数は、4月中旬以降は一時的にリバウンドの兆候が見られたものの、緩やかな減少傾向にあります。今後、徐々に社会経済活動が回復してくると思いますが、ここで感染拡大防止対策を緩めると、再び感染が急拡大することにもなりかねません。市民の皆様には、引き続き、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生(しゅしえいせい)」等の基本的な感染防止対策はもちろん、混雑する場所や時間を避け、体調が悪い時は外出を控えていただきますようお願いいたします。
 ただし、「マスクの着用」については、国が示した基準では、屋内において、概ね2メートル以上の人との距離が確保できない場合には、会話の有無にかかわらず、「着用を推奨する」としています。距離を確保できる場合は、会話をほとんど行わなければ、着用は不要とし、会話するとしても十分な換気などの感染防止対策を講じている場合は「外すことも可」としています。また、屋外においては、会話を行い、人と距離を確保できない場合には「着用を推奨する」としていますが、それ以外は「必要ない」としています。具体的には、ほとんど会話しなければ、距離にかかわらず着用不要とし、会話する場合でも、距離を確保できれば、「着用の必要はない」としています。これから暑い季節を迎えるにあたり、熱中症のリスクが高まりますので、マスクの着用基準に基づいて行動していただきますようお願いいたします。
 また、ワクチン接種については、60歳以上の方や18歳以上60歳未満で基礎疾患をお持ちの方(かた)、重症化リスクが高いと医師が認める方(かた)を対象に、6月24日から4回目の接種を開始します。詳しくは広報こしがや6月号をご覧ください。感染や重症化を防止するためにも、積極的にワクチン接種をしていただきますようお願いいたします。

令和4年5月30日
越谷市長 福 田 晃


 

過去の市長メッセージ

過去の市長メッセージについては、「新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ」をご覧ください

発熱などの症状があるときの相談

発熱などの症状があって心配なときは、かかりつけ医や「埼玉県受診・相談センター」へご相談ください。

  • 埼玉県受診・相談センター 048-762-8026(9時から17時30分まで。日曜日を除く)
  • 県民サポートセンター 0570-783-770(24時間。毎日)

発熱などの症状があるときの相談・診療・検査の流れは、「発熱などの症状があるときは」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けた方へ

新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けた方は、「陽性診断を受けた方へ」から「自宅療養の手引き」や、「健康状態の確認について」をご覧ください。

がいこくじんむけそうだん(外国人向け相談)

Coronavirus Hotline for Foreign Residents
(外国人向け新型コロナウイルス相談)
電話(でんわ):048-711-3025(24時間(じかん)。毎日(まいにち))
詳しくは、埼玉県国際交流協会のホームページを見てください。